ヘッダーイメージ 本文へジャンプ
相続人不存在
遺産分割は基本的に、相続人全員の印鑑がいります。印鑑を押してくれないと、解決できないのでは困ります。相続人が不足したままの遺産分割は、無効となります。

失踪して7年で失踪宣告の申し立ても出来ます。死亡したとみなされます。(失踪宣告)

万一、失踪宣告後、生存して戻ってきた場合、失踪宣告の取り消しを裁判所へ申し立てます。

 相続人不存在の場合 相続財産管理人
以下、相続財産管理人の申し立ての概観を記載します。

1 相続人の存在が不明の時や、相続放棄で相続人がいない時に、申し立てを行い、家庭裁判所に相続人の公告をし相続財産管理人を選んでもらいます。(2ヶ月間公告)

相続財産管理人が選任されると、官報に記載されます。(多くは弁護士が選ばれます。)

相続放棄との関係では、相続放棄をして即、相続と無関係になるのでは無く、最後の相続放棄した方は、相続財産管理人が選任されるまで、相続財産を管理する一定の義務があります。

2 財産管理人選任の公告後、2ヶ月経過すると相続債権者、受遺者に対して、債権の請求を申し出るよう公告します。(これも最低2ヶ月)


3 この期間経過してから、なお相続人が現れない時は、相続人を探すため、相続人があるならその権利を主張するよう、公告をします。(最低6ヶ月以上の間、公告されます。)


4 その後、残余の財産があり、特別縁故者がいれば、その者への財産分与が可能となります。3、の6ヶ月の公告が満了してから3ヶ月以内にこの請求をしなければなりません。


約13ヶ月経てもまだ、財産が残っていれば、国へ財産が行きます。


相続財産管理費用(弁護士へ払う費用等)が、残余財産(残った財産)では足りない時に備えて予納金があります

home


遺産分割協議書 | 公正証書遺言書遺言書作成 |相続人調査 |相続人に未成年者いる場合相続放棄 | 代襲相続相続人不存在特別代理人 |相続による車の名義変更相続による銀行口座解約 |土地、建物名義変更 | 生命保険  |相続登記 | 戸籍謄本取り寄せ滑川市戸籍取り寄せ上市町戸籍取り寄せ相続税改正H27年から

富山車登録・車庫証明 |富山・建設業許可 |会社設立 |クーリングオフ産廃許可

フッターイメージ